HOME > 手織り

手織り一覧

手織り作品の新着情報一覧

2014年12月30日

ご挨拶

手織り作品 | 日記

皆様、今年も残すところあと2日となりました。

この一年どのようにお過ごしでしたでしょうか。

また来年どのような年にするのか。お正月を利用して

気分新たにじっくり考えたいと思います。

haan

来年三月にはいよいよ北陸新幹線が開通です。

駅には

“新幹線が春をつれてやってくる”

という大きな幕が垂れ下がっていました。

この開通行事を記念して、金沢で中村勘九郎率いる平成中村座の

ニューヨーク公演の引越し公演が金沢で行われます。

先日チケットをゲットできた事で、新しい年に向けて期待と共に何か

爽やかな気分になりました。

来る年はこれを起爆剤としてマンネリ化しがちな作品をなんとかクリア

したいものだと思っております。

さあ2014年もいよいよ幕。

この一年ショップ暖にお越しいただきました多くの皆様に

心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

来る2015年が皆様におかれまして、穏やかで実り多き年となりますよう

心よりお祈りいたします。

それでは皆様、よいお年をお迎えくださいませ。
                店主 スタッフ一同

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ←クリック応援お願いします!

2014年12月29日

駆け込み映画

手織り | 日記

寒い朝が続きます。

カーテンを開けると白い雪・・・

今年の金沢は雪が溶けたと思ったらまた積もりといった感じで

平年より寒く感じるのは私だけでしょうか。
yuki

風邪がよくなると、どうしても年内に観ておきたい映画があり、

年の瀬もせまる今日この頃、出かけてきました。

以前新聞で、若く美しき天才監督の出現として話題となっていた作品

「トム・アット・ザ・ファーム」です。

監督はグザヴィエ・ドラン。

25歳で監督、主演、編集、衣装すべて一人で担当するという驚くべき才能の持ち主です。

神は二物どころか三物も与えたのだとと思わずにはいられない程のショックを受けます。

本当にすばらしいです。

彼の映画を一度は観ておくべきだと心から思います。(ちょっと大げさ?)

eiga

容姿の端麗さも魅力なのです。知的でしかし幼さもあり、なんとなく中性的な雰囲気。

何よりこれからどんな作品を創っていくのか本当に興味深く、

また大きな楽しみがひとつ増えました。

さてこんな年末ですが、新しく30センチ幅のラメショールを織ってみました。

意外といいです(笑)

50センチのラメショールは婚礼用としてありましたが、今回は使いやすい30センチ。

このくらいだと、食事のときなども邪魔にならないし、コンサートなどにもちょと羽織ると

とても素敵なんです。私もブラックシルバーを愛用しています。出番多いです。

ラメというとなんだか決まった場所でしか使えないと思いがちですが、

なんの、普段からじゃんじゃん羽織って巻いてください(笑)

一気におしゃれになりますよ。

rame2

rame

ラメ感わかりますか?

残念ながら写真ではなかなか写らないのがこのラメ。

こんなにきらきらしているのに全くわかりません・・・・

今度、動画で皆さんにお伝えできるようにしたいと思います。

動画なら質感をよりお伝えできるかもしれません。

しばしお待ちくださいませ。では今日はこの辺で。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ←クリック応援お願いします!

2014年12月15日

陶芸

手織り | 日記

12月のあたまにひいた風邪が2週間ちかくも長引いて、

やっと最近調子が戻ってきた感じです。

あまり風邪は引かないのですが師走の忙しい時期になんだか・・でした。

お正月への準備もぜんぜん手付かずといったところです。

さて、今日はうちにある私が作った皿の話です。

一時期、といっても大分昔のことですが、陶芸にはまったことがありました。

先生のお宅はガス窯でしたが、窯に火を入れる日は先生は温度のグラフ表につきっきりになります。

私たちは昼食やお茶の準備のほうへまわってお手伝いをしていたことを思い出します。

窯を開けて作品を取り出して空気に触れると、チーン、チーンという澄んだ音が・・

緊張してどきどきのあの瞬間がいまでも思い出されます。

sara

sara2

これは私が焼いた5枚セットの皿です。

自分で焼いたものは素人の駄作ばかりで、とにかく重いのでほとんどは処分しましたが

この皿だけは気に入って今も使っています。

焼き物を作るときは普通「すいひ」(陶土を調整したもの)を主に使用するのですが、

私は近くの砂利採取所で見つけた自然の粘土をこのすいひに混ぜてみたのです。

自然の粘土の中にある不純物が石はぜとなって思わぬ風合いとなりました。

陶芸にはこういう実験的?な楽しみがありますね。

最後に本日の一枚を。

nikki

nikki2

格好いい白黒です。詳しくはこちらへWatch Full Movie Online Streaming Online and Download

モノトーンは一時期とっても流行りましたが、今はどちらかというと色もののほうが人気でしょうか。

でも根強いファンはいます。

なんといってもシュールな格好よさです。

肩から普通にかけて腰でベルトを締めたりするとちょっとしたベスト風になっておしゃれなのです。

白黒や茶白の組み合わせは男性の方が購入してくださることも多いです。

コートの下にちらっと見えると素敵ですね。

金沢はいったん溶けた雪がまた少し積もりました。

風邪はこりごり。お正月は元気に過ごしたいと思います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ←クリック応援お願いします!

2014年12月01日

鳥の巣

日記

今日から師走。

平年より暖かい日が続いていましたが、明日から寒波がくるみたいです。

私は展示会と三連休のばたばたでとうとう風邪を引いてしまいました。

久々の風邪。ちょっと疲れがたまっていたのかと少しゆっくりしております。

さて今日は図書館で借りた本をちょっとご紹介。

何気なく見ていた新刊本で面白い本を見つけたのです。

写真集「鳥の巣」です。

アメリカのある脊椎動物博物館の所蔵品から選び出された50個の鳥の巣を

女性フォトグラファーが撮影したものです。

それが素晴らしいのです!

tori1

tori2

tori3

tori7

tori6

tori5

まさに鳥たちが作った自然の工芸品。

すっかり魅せられてしまいました。本当に繊細でユーモアにとんでいて素晴らしいの一言です。

鳥にも一羽一羽個性があり、それぞれにこだわりがあるわけで、

その辺は人間と一緒なんだなと感じました。

この本が図鑑と違うのは工芸品をより芸術的な作品に仕立て上げたフォトグラファーの力量に

よるもので、そのわざに脱帽です。

久々に感性が揺さぶられる作品でした。

玉川図書館で借りられます。

最後に本日の作品です。

b-063-1

こちらはこの秋人気ナンバー2です(笑)詳しくはこちらへ

光沢感のあるターコイズの色がお顔に映えるみたいでおすすめです。

渋めの黄色は紅葉したイチョウの葉をイメージしました。

寒色系ですがなんだか温かみのある面白い作品になりました。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ←クリック応援お願いします!

var swiper = new Swiper('.swiper-container', { navigation: { nextEl: '.swiper-button-next', prevEl: '.swiper-button-prev', } });