HOME > 日記

日記一覧

暮らしの中の手織り?暖?日記

2017年01月04日

2017新年

日記

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ←クリック応援お願いします!

2016年02月27日

50センチストール新作

日記

久しぶりに50センチ幅のショールを作りました。

最近、小さいサイズのストールが人気なので、あまり作っていませんでした。

でもありがたい事に、やっぱり「大きいサイズはないですか?」とお客様に聞かれることも

少なくないのです。

50センチ×180センチの大判でしっかりした生地感があるものってなかなかないとの声も。

手織りの大判の利点は

生地感がわりとしっかりしているのでひざ掛けやソファーカバーなどにも利用できる。
特に和装などの羽織りに最適。
ウール感のあまりないものは、夏場の冷房対策にも活用できる

といったところでしょうか。Generate Hills of glory Ammo

私も個人的に肩掛けやひざ掛けとして利用しています。Watch movie online The Transporter Refueled (2015)

さて新作ですが、

久々に自分でも満足のいく出来になりました。やった!

少しご紹介しますね。

ぶろぐ1

burogu2

お気に入りの青い光沢のある糸をふんだんに使用した作品です。

グラデーションが思ったより美しくなってとてもうれしいです。

写真で見ていると派手かなと思うのですが、手織りのいいところは

「巻くととてもなじむ」ことです。

不思議と派手ではなくしっくりくるから不思議です。

次です。

burogu3

ぶろぐ4

こちらはアースカラー、自然の大地の色をコンセプトにした作品です。

赤い糸は夕日をイメージしています。

これも私好みの和テイストに仕上がりました。シックですがとても表情のある作品ですよ。

次は婚礼向きラメショールです。

burogu5

burogu6

burogu7

こちらはブラウンゴールド

七色に光る玉虫糸をふんだんに織り込んであるので、照明の角度によって

さまざまな色に光ってとてもおしゃれですよ。

ラメショールは写真ではラメ感が映らず、なかなかイメージしにくいのですが

いろいろな糸を織り込むことで高級感と華やかさを出しています。Watch Full Movie Online Streaming Online and Download

本当にチカチカと華やかですよ。

特にこちらは既製品にはなかなかない色味に仕上がって満足しています。

他にも作成したものもあり、オンラインショップにアップしましたので

よかったら覗いてみてください。こちら

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ←クリック応援お願いします!

2016年02月08日

日記

図書館でいつものように本を借りた折、帰り際に写真集コーナーをふと見ると

その中の一冊に目が留まりました。

が、すでに借りた本も結構な重さでちょっと今日はと出口まで行きかけましたが

なんとなくまた戻りその本を手に取りました。

2,3ページ見て迷った挙句にこの本も借りることにしました。

おかげで帰りは肩に食い込んで苦難の帰宅となりました。

とうほく

その本は東北の陸前高田がふるさとである写真家の2011年から2014年までの記録集でした。

まさに「何もかもなくなった」ということを物語る写真も数々でした。

あの日テレビを見て受けたショックとその後何も具体的には行動できなかったという

なんとなく心の片隅に住み続けたちょっとしたうしろめたさを引っ張り出された感じでした。

写真の力。解説はなくともそれだけで人を打ちのめす力があるのが写真なのだと

改めて教えられた本との出会いでした。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ←クリック応援お願いします!

2016年01月25日

今年もよろしくお願いします

日記

今年はまったく雪のないお正月で幕開け、暖冬かと思いきや

いきなりの大寒波でいっぺんに雪景色の金沢となり、

例年通りのあの作業、雪かきに追われています。

今はお正月の区切りも不明確になっていて、いつでも同じテンポで時が

流れているような感覚に陥ります。

時への感性が薄らいでこれはあまりよろしくないなあと自戒するのですが・・・

気がつけば新しい年も早一ヶ月過ぎようとしています。

昨年は映画も40本ほど観ましたし、コンサートや舞台も可能なものは観ました。

図書館も最大限に活用し知らない世界のドアを開けて大いに収穫がありました。

今年もアンテナを高く、広く、そして情報は自分の感覚で選択していくというスタンスで

気分新たに出発したいと思います。

sagityo

15日には左義長にも出かけました。

燃え盛る炎の中に正月飾りなどを投げ入れると、なんだかとてもすっきりした気分となり、

次の仕事のことなどもちらっと思い浮かべたりしなから石段を下りました。

sagityo2

手織りのほうは三月にまたイベントを控えているので、すぐに作業開始です。

今年も皆様一年どうぞよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ←クリック応援お願いします!

2015年12月31日

2015年の終わりに

日記

今年は自分で勝手に「織り40周年」などと勝手に位置づけて勝手に終了するという

人様にとってはあまり意味のない企画を考えましたが、自分ではこれがストンと胸に落ちて

落ち着いた気分で今年を終了できることに感謝です。

ビッグイシューのKさんには今年マフラーをプレゼントしました。

色はやはりビッグイシューの基本色であり、来年への希望という意味も込めてオレンジに。

tubaki

さて、5年ほど前にフードバンク(食べられるのに捨てられている食品を必要な人に届ける)

の本に出会い、私も会員の生協でこの地で活動している団体を知りました。

そこへ年末に食料を送りましたが、なにぶんにも一人の微々たる力がいかほどかといつも思いながらも

先週のビッグイシューの特集「子供の貧困」の記事を思い出すわけです。

六人に一人はまともに食事をとっていない現状になんとかせねばと思うわけです。

社会のセーフティネットで救われない人たちが厳しい状況にさらさらている実状はなかなか

行政にとどかない現実です。

新しい年へ何とか希望がつながればいいなあと思います。

最後になりますがこの一年もありがとうございました。

私も健康に恵まれ作品を作り続けることができたことに感謝です。

来る年が皆様にとってもよい年となりますように、よい年をお迎えくださいませ。

ありがとうございました。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ←クリック応援お願いします!

2015年10月13日

芸術の秋

日記

夏が終わると一気に文化イベントの案内がもたらされ、

秋風に押されるようにこちらのチェックも急に忙しくなります。

先日は文楽を観に出かけました。

演目は「団子売」と「心中天網島」です。

bunraku

人間国宝の吉田玉男さんが亡くなられて、そのあと吉田玉女さんが二代目吉田玉男と

改めての舞台でしたので、こうして芸は受け継がれていくものだと

目の前で印象付けられた公演でした。

なお、小春役で舞台に出てきた桐竹勘十郎さんには場内から拍手が沸き、

その人気ぶりが窺えました。

最後の場面は主人公治兵衛が遊女小春を刀で刺し、自分も首をつって心中する結末。

そのリアリティあふれる演技に場内からは惜しみない拍手が送られていましたね。

秋にふさわしい柔らかな陽の光に送られながらとてもいい気分で帰宅しました。

a-063-1

さてオンラインショップでは半額セール、開催中です。

早くもご利用いただきましたお客様、ありがとうございました。

まだまだよい作品が残っておりますので皆様のご来店お待ちしております。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ←クリック応援お願いします!

2015年10月04日

リニューアルバーゲン開催します

日記

猛暑だったはずの夏がお盆のころからもうすでにそよそよと涼しい風・・・

今年の夏は本当に短かったですね。

もうすっかり秋の気配が漂う今日この頃。

IMG_0151

首元が寒々しくなってくると、いよいよマフラーの出番がやってきます。

今年の秋もまたイベントを開催するので新作を製作中です。

これまで小さめのマフラーは20センチと30センチの二種類を製作してきましたが

20センチと30センチとで迷われる方が結構いらっしゃることを鑑みて

このたび25センチ幅で統一することにしました。

そこで!!!です(笑)

オンラインショップに掲載してある20センチと30センチのマフラーをなんとドドーンと半額

にしたいと思います。

また、今年は手織りを始めて40周年となりますので、その記念もかねて

のれんと洋服類(羽織り、ベスト)も合わせて半額とさせていただきます。

ただし、50センチ幅の大判のマフラーとコースターは対象外とさせていただきます。

最初で最後の商品リニューアル半額セールです。

期間は10月4日(日)から12月31日(木)まで

年末までのロングスパンですので、早い者勝ち、ぜひご利用いただけたらと思います。

多くの方のご利用お待ちしております。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ←クリック応援お願いします!

2015年05月17日

世界の劇場

日記

久しぶりの日記となります。

パソコンの調子が悪く、使えない状態が続いていましたが、

なんとか復旧しましたのでまたぼちぼち書いていこうかと思っております。

その間、ゴールデンウィークは来客があり、連日下宿屋のおばさん状態に(笑)

一休みし、やっと一人の時間を取り戻しつつあります。

図書館の新刊本の中にgoodな本を見つけました。

「世界で一番美しい劇場」

です。

世界中の劇場写真が載っている写真集です。

有名なスカラ座やウィーン国立劇場をはじめとするホール51個もの

写真が掲載されています。

豪華爛漫な建物の美しさに加え、各劇場にまつわる物語が語られていて

ため息がでるばかり。

中でもどれが一番かと言われれば、こちらです。

gekijou

スペインバルセロナにあるカタルーニャ音楽堂です。

どうですかこの豪華さ!

建築家のガウディの師でありライバルでもあったリュイス・ドメネクが設計した

もので、特に色鮮やかなステンドグラスがとても美しいのです。

実際に光が差し込む情景を想像するのにまたさらにため息なのです。

この建築物は世界遺産にも登録されていますが、なんともこの美しさには

やられましたね。

世界の建築は本当に興味深いです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ←クリック応援お願いします!

2015年04月13日

映画6才のボクが大人になるまで

日記

2014年2月、第64回ベルリン国際映画祭で上映されて世界を

驚かせた映画

「6才のボクが大人になるまで」を観て来ました。

eiga

この映画は4人の俳優(6才の少年、姉、父、母)が12年間家族で演じた

画期的な映画で、今までどんな映画作家でも試みたことのない斬新な

製作スタイルとなっているのです。

6才の少年が大学生になるまで成長していく過程はみずみずしく、

演技を超えた実感として胸を打たれました。

銀熊賞を受賞したのも納得ですが、映画はまだこんな可能性を秘めているのだと

改めてその魅力を再確認しました。

超おすすめです。

さて春になり玄関には鮮やかな色が並んでいます。

hana

毎日お花を眺めながら生活ができると、とても気分がいいのです。

最近はホームセンターの園芸コーナーにたくさんの苗や庭木が売られていて

見ているだけで本当に楽しいです。

植える場所もないのについつい買ってしまう今日この頃です・・・

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ←クリック応援お願いします!

2015年04月07日

アラビア書道

日記

金沢は桜が満開。

春爛漫のはずですが、なんと冬のような寒さが・・・

ああ桜ももっとうっとりと咲きたいだろうに、この寒風では少々不憫です。

我が家も朝から暖房なしにはいられません。

早くお日様よ来てくださいとお願いしております。

先日、図書館で面白い本を見つけました。

タイトルは「アラビア書道」

思わず頭の中は???といった感じでしたが手に取って見てみました。

arabia

こんな感じです。

書道といえば墨の世界と思っていましたが、確かに文字があればその世界はあるはず。

簡単に言えば、アラビア文字を特別な筆で書くというもので

毛筆の書道とは道具が違うらしいのです。

筆は葦(あし)や細い竹の茎を削ってペン先につけるみたいなのですが、これはおのおのが

オリジナルを自作するらしいです!

墨は現代ではレタリングインクで、紙はにじまない現代アート紙を使用だそうです。

墨の書道はにじみの美しさであるのに対し、アラビア書道はなめらかな文字の流れと

輪郭の美しさを表現するものだと知りました。

なかなか面白いお勉強でした。

さてさてもうひとつ、気になってきたアーティストのCDが手に入りました。

こちらです。

cd

大滝詠一 Best Always です。

メディアのほとんど登場しなかったこの人はさまざまな伝説の中で2013年に亡くなってしまいました。

このCDは彼が生前、山下達郎氏に構想を語っていたもので、死後約一年経ってから発売されたもの。

彼が密かにレコーディングしていた「夢で逢えたら」のセルフカバーが収録されています。

聴いてみるとやはり伸びのある声が美しく、流れるような曲は爽やかで心地よくて

手織りの作業をするときに流すには勿体ないくらいです。

といいながら、すでにもう何回も聞き続けています。

とてもいいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ←クリック応援お願いします!

2015年04月03日

グリークのペールギュント

日記

オーケストラアンサンブル金沢の定期公演に出かけたときのお話です。

グリークのペールギュントといえば誰もが知っている

「朝」、「山の魔王の宮殿にて」、「ソルベイクの歌」

などですが、これらは劇音楽の「ペールギュント」の中の抜粋なのです。

ペールギュント

その日あった公演では本来の劇音楽の形として全貌に触れる貴重な公演ということで

期待しました。

指揮はクリスチャン・ヤルヴィで、彼はエストニア出身のアメリカ人指揮者。

カリスマ性と卓越したテクニックで知られています。

兄のパーヴォは来年よりNHK交響楽団の首席指揮者に就任することに決まっています。

なんとも素晴らしいフレッシュな指揮ぶりに拍手とブラボーが飛び交いました!!

それはそうとニュースで知ったのですが

混乱が続くイラクでの国立交響楽団の定期演奏会の模様です。

楽器も足りない中、宗教その他いろいろな背景を背負いながら、他の仕事と掛け持ちで

練習する団員がひとつタクトの下で共鳴するわけです。

その演奏会に一千人を超える聴衆がつめかけ会場が震えるほどの拍手で指揮者を迎えたとのこと。

音楽は何のためにあるのか・・・

自分に問わずにはいられません。

最後にお知らせにも書きましたがスプリングキャンペーンを開催いたしたいと思います。

c-036-2

期間中、すべての商品が送料無料

また婚礼、二次会向け商品全品10パーセントoffです。

期間は4月5日(日)から4月19日(日)です。

結婚式披露宴、二次会パーティ向け一覧のバナーからお入りください。会場へはこちら

この機会に是非どうぞ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ←クリック応援お願いします!

2015年03月29日

水仙

日記

庭の水仙を切って挿しました。

水仙は一本で挿すと、はかなげかしら・・と感じますが

いえいえこの花からはかなりの生命力とパワーを感じることが出来ます。

suisen

「もしもし春ですよ」としっかり言われた気がするのが不思議です。

それでふっとあの本にあったなあと思い出し、「花に習う」(川瀬敏郎)を出して

見てみました。

suise

120本の水仙をアンティークのガラス鉢に挿した作品です。

ガラス鉢が透明なので茎が全部見えるわけで、またそれがとても美しく

このシンプルさに打たれました。

かれんな花も生け方次第でどのようにも顔を変えられる、そんなことを

教えてくれる一冊です。

ちなみにこの本ははじめ図書館で見たのですが、そのとき強烈な印象をうけ

その帰り道、本屋さんで即購入しました。

俗にいう衝動買いです(笑)

さて今日は最後に春らしいストールをご紹介いたします。

まだまだ首元が寒く感じる春先にぴったりのストールです。

a-055-3

a-056-2

a-031-2

春らしい明るいカラーが人気です。

まさにお花の色といった感じで気分も上がります。

シャツやニットなどと組み合わせて巻くととてもおしゃれですよ。ぜひお試しあれ!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ←クリック応援お願いします!

2015年03月26日

平成中村座

日記

北陸新幹線 金沢開業記念として平成中村座がやってきました。

もちろん行ってきました!!
nakamura4

会場には大勢の歌舞伎ファンが押し寄せました。

上演は怪談乳房榎(かいだんちぶさえのき)

ニューヨーク公演で大好評だったという演目です。

nakamura1

華やかな顔ぶれが並んでいます。
nakamura2
お着物をお召しになってらっしゃる方も多く見受けられました。
nakamura3

そんな評判の中村座とはどんなものなのか、幕が上がるまで思わずそわそわしましたが、

何をかいわんや勘九郎の三役早替りの面白さ!!圧巻でありました。

七之助の品の良さに加えて舞台にざあざあと流れる本物の滝と水しぶきが

もう豪快で豪快で、前方の観客には水しぶきよけのビニールが配られておりました。

中村屋!中村屋!の掛け声とともに

真に何をかいわんや、歌舞伎座は大興奮に包まれました。

いやいや新幹線は本当にいい日を連れてきてくれました。

ようこそようこそ、感謝です。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ←クリック応援お願いします!

2015年03月24日

北陸新世紀スタート!!

日記

ついについにきました。

北陸新幹線が開業です。

スカイブルーと銅色のなんともスタイリッシュな新幹線。

sinkannsen

開業当日の金沢駅は今までにないくらいの大混雑!!

テレビを見ていた他県に住む親戚などからじゃんじゃん電話がかかってきて

祝福のお言葉がつぎつぎと・・・ありがたいことです。

金沢はこれから春の陽気に変わっていきます。

駅内に掲げたキャッチフレーズ通り

「新幹線が春を連れてやってきました」
IMG_5238

長い冬を過ごした北陸の人にとって、春はどの季節より

明るさと爽やかさをイメージさせてくれます。

この歴史的な一日は、いつも見ている鼓門とガラスドームがなんだかちょっと違った風景に見えたのは

私だけでしょうか・・・

先日、街で観光客に聞かれました。

「この**というお店は有名だそうですけど、どこですか?」

内心 えっ?そんな店あったっけと思いながらなんとかごまかし、

ちょっと横をみると近江町市場のコロッケ売り場に長蛇の列・・

この行列なにかしら??

という具合で、住んでいる人の情報とインターネットやガイドブックなどの情報との

間にはかなり温度差があるようにも感じまして、少々ややこしいのですが、

それでも金沢に来てくれる人がたくさんいると嬉しいものです。

ま、とりあえず金沢に来まっし!!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ←クリック応援お願いします!

2015年03月09日

日記

しばらく日記をお休みしておりました。

というのも2月に某ギャラリーにて展示会をさせて頂いておりました。

今回はこじんまりとした感じで、昔からのお客様だけにご連絡させていただきました。

tennjikai2

tennjkai
新しい出会いもあり、収穫のある時間でした。ありがとうございました。

またこれから春ものに向けて製作に励むつもりです。

さて、一息ついたところで能鑑賞にでかけてきました。

金沢の能も最近は若い人が育ち、舞台に登場する機会も増えてきました。

この日は若き能楽師の清新な舞台でした。

nou

シテを務めた藪さんは期待通りの若々しい舞台ですばらしかったです。

私はこの藪さんのちょっとしたファンでして、これからどのようになっていかれるのか

大変楽しみです。

能楽堂の駐車場には沖縄の大型観光バスが止まっており、席も確保されていたので、

観光能だと分かりました。

こんな光景は初めてでいよいよ能楽堂の企画も内から外へと動き出したのだなと

感じた一日でした。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ←クリック応援お願いします!

2015年02月05日

ジャパン・アーキテクツ

日記

21世紀美術館で長い間展示している「ジャパン・アーキテクツ 1945?2010」を見て来ました。

1945年?2010年までの日本の建築家70余名の実際の図面、模型が展示されています。
kenntiku

さらに作品の映像が壁面に映し出されていて、ずべて見終えるのに2時間以上もかかってしまいました。

建築家を対象とした、今までの例にない展覧会とうわさには聞いていましたが、

これには圧倒されました。

そしてこれとは別に3.11以後の災害地における建築家たちの活動も展示されていて

美術館を後にする頃にはすっかり疲れてしまいました。

しかし一見の価値有りですよ。すばらしいです。

さてこの21世紀美術館の建物ですが、建築界の大きな賞をもらい

金沢では超有名な観光スポットになりました。

外側がすべて透明なガラスで開放的であると言われています。

21bi

が、あくまで私個人の考えなのですが、それがベストとはどうも思えません。

というのは開放的な反面、来館者の動行や流れ、さらには外にいる人たちの動きも

すべて視界に入ってくるので、なんだかとても疲れるのです。

私にとってはとてもアクティブな美術館です。

最後に手織りですが、最近またストールの新作を製作しましたので近日中にご紹介したいと

思います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ←クリック応援お願いします!