HOME > 日記 > 2015年の終わりに

手織り日記

2015年12月31日

2015年の終わりに

日記

今年は自分で勝手に「織り40周年」などと勝手に位置づけて勝手に終了するという

人様にとってはあまり意味のない企画を考えましたが、自分ではこれがストンと胸に落ちて

落ち着いた気分で今年を終了できることに感謝です。

ビッグイシューのKさんには今年マフラーをプレゼントしました。

色はやはりビッグイシューの基本色であり、来年への希望という意味も込めてオレンジに。

tubaki

さて、5年ほど前にフードバンク(食べられるのに捨てられている食品を必要な人に届ける)

の本に出会い、私も会員の生協でこの地で活動している団体を知りました。

そこへ年末に食料を送りましたが、なにぶんにも一人の微々たる力がいかほどかといつも思いながらも

先週のビッグイシューの特集「子供の貧困」の記事を思い出すわけです。

六人に一人はまともに食事をとっていない現状になんとかせねばと思うわけです。

社会のセーフティネットで救われない人たちが厳しい状況にさらさらている実状はなかなか

行政にとどかない現実です。

新しい年へ何とか希望がつながればいいなあと思います。

最後になりますがこの一年もありがとうございました。

私も健康に恵まれ作品を作り続けることができたことに感謝です。

来る年が皆様にとってもよい年となりますように、よい年をお迎えくださいませ。

ありがとうございました。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ←クリック応援お願いします!

この記事のコメントRSS



管理人にのみ公開されます



» もっと見る(カテゴリー別)…