HOME > 日記 > 映画6才のボクが大人になるまで

手織り日記

2015年04月13日

映画6才のボクが大人になるまで

日記

2014年2月、第64回ベルリン国際映画祭で上映されて世界を

驚かせた映画

「6才のボクが大人になるまで」を観て来ました。

eiga

この映画は4人の俳優(6才の少年、姉、父、母)が12年間家族で演じた

画期的な映画で、今までどんな映画作家でも試みたことのない斬新な

製作スタイルとなっているのです。

6才の少年が大学生になるまで成長していく過程はみずみずしく、

演技を超えた実感として胸を打たれました。

銀熊賞を受賞したのも納得ですが、映画はまだこんな可能性を秘めているのだと

改めてその魅力を再確認しました。

超おすすめです。

さて春になり玄関には鮮やかな色が並んでいます。

hana

毎日お花を眺めながら生活ができると、とても気分がいいのです。

最近はホームセンターの園芸コーナーにたくさんの苗や庭木が売られていて

見ているだけで本当に楽しいです。

植える場所もないのについつい買ってしまう今日この頃です・・・

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ←クリック応援お願いします!

この記事のコメントRSS



管理人にのみ公開されます



» もっと見る(カテゴリー別)…
var swiper = new Swiper('.swiper-container', { navigation: { nextEl: '.swiper-button-next', prevEl: '.swiper-button-prev', } });